Library of the Year 2024 候補の公募(自薦・他薦)について

2024年もLibrary of the Yearを実施します。
詳しくは、以下「Library of the Year 2024の選考について」をご参照の上、自薦・他薦問わず、「良い」と思った活動を積極的に推薦してください。

【募集期間】2024年6月20日(木)~2024年7月17日(水)

      ※2024年7月6日追記:募集期間を延長しました

 

【応募方法】以下の「Library of the Year 2024 候補推薦フォーム」からご応募ください。

2024年6月20日(木)

Library of the Year 2024 実行委員会

Library of the Year2024 推薦フォーム

【推薦フォームのご説明】

■フォーム1ページ目:推薦者の情報

(1)推薦者のご氏名
(2)推薦者のご所属
(3)推薦者のご連絡先(メールアドレス)

■フォーム2ページ目:推薦する活動の概要

(1)活動の名称
(2)活動を運営している機関・団体・個人等
(3)活動のねらい・ポイント(簡潔なキャッチコピー) ※30字以内
(4)一推しポイント(推薦者が特に強調したい点) ※200字以内
(5)参考情報(URL,参考文献,報道記事など) ※3点以内

■フォーム3ページ目:推薦する活動の詳細・評価 ※4項目合計で1,000字以内(未記入の項目があっても可)

(1)先進性(従来の図書館のイメージを塗り替えるような活動か)
(2)継続性(活動の開始時期や将来の展望など)
(3)社会性(サービス対象者,地域住民,他機関・団体等との連携・協力など)
(4)普及性(他の図書館等でも実現可能か)


Library of the Year (LoY) とは

概要

「Library of the Year」とは、全国各地の図書館等の知的情報資源に関わる機関・組織・個人等が行っている先進的な取り組みを対象として、知的資源イニシアティブ(IRI)が授与する賞です。
2006年に第1回が行われてから毎年実施しており、今年で19回目を数えます。

Library of the Year 2024の選考について

1)選考対象・評価基準

 公立図書館、学校図書館、大学図書館、専門図書館、図書館関連企業・団体等が行なっている「活動」を選考対象として、他の図書館等の参考となる先進的な取り組みを評価します。

 なお、評価にあたっては以下の点を前提として選考を行います。

  • 選考対象となるのは図書館等が行っている「活動」であり、その実施主体である「機関・組織」を評価するものではありません。
  • この賞は「日本一の図書館」を決めるものではありません(全国の図書館等を総合的・客観的に評価するわけではありません)。あくまでも「他の図書館等の参考になる活動を行っているか」という基準にもとづき、選考委員・審査委員がそれぞれの観点から評価するものです。
  • ここ数年程度の活動を選考対象として優秀賞を授与します。長期的な活動はライブリラリアンシップ賞として表彰します。
  • 活動規模の大小や実施主体の種類・規模は問いません。

2)選考・授賞の主な流れ

  • 4〜5月……Library of the Year 実行委員会の合議により、「Library of the Year 2024 選考委員会」を組織します。選考委員を依頼するにあたっては、各々の在住する地域、年齢、性別、職業業種(館種)などに多様性が現れるように配慮します。
  • 6〜7月……広く一般から推薦を受け付けます(自薦・他薦を問いません)。「Library of the Year 2024 選考委員会」の委員も推薦を行います。 ※下記 3)参照
  • 7〜8月……推薦された活動を候補として、「Library of the Year 2024 選考委員会」のメンバーによって第一次選考会(書類選考・非公開)を行います。
  • 8〜9月……「Library of the Year 2024 選考委員会」のメンバーによって第二次選考会(オンライン開催・公開)を行います。第二次選考会では優秀賞(ここ数年程度の活動を評価)とライブラリアンシップ賞(長期的な活動を評価)を決定します。
  • 11月……優秀賞のなかから大賞を選出する「Library of the Year 2024 最終選考会」を開催するために、実行委員会の合議によって審査委員会を組織します。審査委員会を構成する審査員(5名を予定)は、第一次選考会および第二次選考会を担当する選考委員とは異なります。年齢、性別、職業などのバランスも考慮しながら、図書館界を俯瞰する立場にいらっしゃる方々を審査員として依頼します。また、一般参加者の方の投票によってオーディエンス賞も決定します。

3)推薦情報の取り扱い

  • 自薦・他薦を問わず、ご推薦いただいたすべての活動が「Library of the Year 2024 選考委員会」による選考対象となります。
  • 推薦内容の不明な点や詳細を確認するため、IRI事務局から推薦者にご連絡を差し上げる場合がございます。推薦の際にはご連絡先もご提供いただきますようお願いいたします。
  • 自薦・他薦を問わず、一般からの推薦については推薦者ご自身が選考の議論に関わることはありません(議論に参加できるのは選考委員会のメンバーのみとなります)。
  • ご推薦の際にお送りいただいた個人情報はIRI事務局にて適切に管理いたします。「Library of the Year 2024」の選考に係る業務以外に当該情報は使用いたしません。

4)実施体制

 本事業はNPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)の担当理事で構成される「Library of the Year 実行委員会」が企画を担い、IRI事務局および協賛企業を含む協力者の皆さんとともに運営を進めます。

今年度の選考委員会のメンバーは次のとおりです。

■Library of the Year 2024 選考委員会(2024年6月4日現在)

  • 浅野隆夫(札幌市中央図書館)
  • 有山裕美子(滋賀文教短期大学)
  • 今井福司(白百合女子大学)
  • 大河原信子(四万十町立図書館)
  • 岡野裕行(皇學館大学)※選考委員長
  • 岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)
  • 桂まに子(京都女子大学)
  • 河本毬馨(山梨英和大学)
  • 小村愛美(大阪大学附属図書館)
  • 澤谷晃子(大阪市立中央図書館)
  • 嶋田学(京都橘大学)
  • 下吹越かおる(指宿市立図書館/NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」)
  • 伊達深雪(京都府立丹後緑風高等学校久美浜学舎/edit Tango)
  • 豊田恭子(ビジネス支援図書館推進協議会/東京農業大学)
  • 野末俊比古(青山学院大学)
  • 長谷川優子(埼玉県立久喜図書館)
  • 古川淳(由利本荘市由利図書館)
  • 前田郁子(大阪大学)
  • 山崎博樹(NPO法人知的資源イニシアティブ)

5)報道・報告などにあたって(お願い)

 「Library of the Year」は図書館の活性化を目的の一つとしています。テレビ、新聞、雑誌、ウェブなど、各種メディアに取り上げていただくことを大変嬉しく思っています。受賞された自治体等が広報に活用していただくことも歓迎・推奨しています。

 ただし、本事業はその名称こそ「Library of the Year」となっておりますが、「図書館的」な機関・組織等が行なっている先進的な活動を選考対象とするものであり、「日本一の図書館」を選出することを目的としているわけではありません(主催者が大賞を受賞した機関に「日本一」という表現を用いないのは意図的なものです)。各種メディアでこの賞の結果を話題として取り上げていただく際には、本事業が意図する以下の留意点を踏まえていただくようお願いいたします。

  • 選考・評価の対象となるのは図書館等による先進的な「活動」であり、実施主体である「機関・組織等」ではありません。
  • 本事業は全国の図書館等を総合的・客観的に評価して「日本一の図書館」を決めるものではありません(大賞受賞機関を「日本一の図書館」と位置づけるものではありません)。あくまでも「他の図書館等の参考になる活動を行っているか」という基準にもとづき、選考委員・審査委員がそれぞれの観点から評価するものです。
  • 優秀賞およびライブラリアンシップ賞を授与するに際しては、選考委員会の責任のもとに「授賞理由」を言語化し、本ウェブサイトにて広く一般に公開いたします。
  • 授賞は年に一度のみですが、選考・評価についてはここ数年程度の活動を対象とします。長期的な活動はライブリラリアンシップ賞として表彰します。

6)お問い合わせ先

IRI事務局
iri【A】fms.co.jp(【A】を@に読み替えてください)