Library of the Year 2013

Library of the Year 2013 最終選考会は終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

・大賞は伊那市立図書館が受賞しました。おめでとうございます!
・Library of the Year 2013大賞を受賞した伊那市立図書館からのコメント(平賀研也館長)と審査委員長のコメントを掲載いたしました。 >>コメント
・ぜひLibrary of the Yearについてご感想・ご意見をお寄せ願います。

Library of the Year 2013 会場風景 Library of the Year 2013 特別賞受賞式 Library of the Year 2013 ディスカッション風景
Library of the Year 2013 大賞表彰式 Library of the Year 2013 大賞受賞機関スピーチ Library of the Year 2013 受賞者集合写真

Library of the Year 2013の概要

Library of theYear 2013は、第15回 図書館総合展の図書館総合展運営員会主催、NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)が企画・運営するフォーラムとして開催いたしました。
2013年10月29日(火)午後3時30分〜5時00分、パシフィコ横浜(横浜市みなとみらい)にて、今回決定した優秀賞4機関を対象として、最終選考を公開いたしました。最終選考では、各機関についてIRIメンバーがプレゼンテーションを行い、ディスカッションを経て、審査員7名(選考会一般参加者票1を含む)による投票によって大賞を決定しました。合わせて、大賞及び優秀賞、特別賞の表彰式を行いました。
この最終選考会は、パシフィコ横浜で開催される第15回図書館総合展(2013年10月29日〜31日)の一環として行なわれました。

Library of the Year 2013 プレスリリース(2013/09/28) (PDF:226KB)

会場:図書館総合展展示会場内

Twitterで情報発信中です。http://twitter.com/IRI_LoY

Library of the Year 2013 優秀賞・最終選考対象

2013年は、IRIメンバーおよび外部推薦で寄せられた24施設・団体・サービスの中から、下記の4機関が優秀賞に選ばれ、大賞の最終選考対象となりました。

伊那市立図書館

iPad/iPhoneアプリケーション「高遠ぶらり」を活用した「街中探索ワークショップ」や、地域通貨「りぶら」の活用など、図書館というハコや仕組みの枠を超えた新鮮な提案とその推進により、新しい公共空間としての地域図書館の可能性を拡げている点が評価されました。
http://www.city.ina.nagano.jp/list.rbz?nd=500&ik=1&pnp=500

千代田区立日比谷図書文化館

館の目的として掲げた、「図書館機能」、「ミュージアム機能」、「文化活動・交流機能」、「アカデミー機能」という、従来の図書館機能に博物館・学習・交流の機能を統合した複合施設として、それぞれの分野で新しい事業・業務展開に意欲的に取り組んでいる点が評価されました。
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1番4号
http://hibiyal.jp/

長崎市立図書館

地域の課題として「がん情報サービス」を取り上げ、県・市の行政担当部課、医療機関などと協力して展開してきた事業(がん情報コーナーの設置、レファレンスの充実、がんに関する講演会など)が、市民はもとより県・市医療機関からも高い評価を得ている点が評価されました。
〒850-0032 長崎県長崎市興善町1-1
http://lib.city.nagasaki.nagasaki.jp/

まち塾@まちライブラリー

「まち」毎に「まちライブラリー」(学びあいの場)を設け、そこで受講者自らが課題を持ち込み、グループで議論し、「まち」を元気にするプランを作り、実行していくことを目指した活動です。情報・知識の交換・創造の場を作る取り組みが広がっていることが評価されました。
http://machi.is-library.jp/

また、今年は「特別賞」として、「図書館戦争」(原作者、出版者、映画関係者、関係する図書館等、ムーブメントとして)を表彰いたします。

大賞受賞者・審査委員長のコメント

大賞受賞のコメント

伊那市立伊那図書館 館長 平賀研也

Library of the Year 2013 大賞受賞に際し

 この度はLibrary of the Year 2013 大賞を賜りありがとうございました。
 地方の小さなまちの小さな公共図書館の活動 ― しかし、人々が知り、学ぶことについて永年の蓄積と誇りを持つ伊那谷で、図書館や人々が一緒になって繰り広げている、私たちなりの今精一杯の活動ではあります ― にご着目いただき、評価していただいたこと、本当にうれしく、心より御礼申し上げます。
 今回の受賞は、伊那市立図書館が何をなしたかというより、私たちが目指している「公共図書館」の立ち位置がどこにあるか、いかにあろうとしているか、ということを評価し、激励していただいたと感じています。
… 続きを見る

審査委員長のコメント

審査委員長 大串夏身

 最終選考の対象になった4つの活動は、魅力的な内容で今後の公共図書館の新しい方向に大いに示唆を与えるものだったと思います。大賞を受賞した伊那市立図書館の活動はITCを活用した新しいサービスを創出し、かつ図書館という空間にとどまらず地域の人々、組織、団体と図書館を結びつけ、図書館を中心とした賑わいを生み出したという点で評価されました。
… 続きを見る

Library of the Year (LoY) とは

「Library of the Year」は、IRIが図書館など全国の知的情報資源に関わる機関を対象として授与する賞で、2006 年に始まりました。
選考基準は、以下のとおりです。全国の公共図書館を総合的に評価して、ベス トの図書館を決めるものではありません

1. 今後の公共図書館のあり方を示唆する先進的な活動を行なっている。
2. 公立図書館に限らず、公開された図書館的活動をしている機関、団体、活動を対象とする。
3. 最近の1〜3 年間程度の活動を評価対象期間とする。

お問い合わせ先

  • IRI事務局 info【 A 】iri-net.org (【 A 】を@に読み替えてください)

ページトップへ

IRI 知的資源イニシアティブ

Copyright (C) Intellectual Resource Initiative All Rights Reserved.