Library of the Year 2012

Library of the Year 2012 最終選考会は終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

・大賞はビブリオバトルが受賞しました。おめでとうございます!
・Library of the Year 2012大賞を受賞したビブリオバトルからのコメント(谷口忠大氏)と審査委員長のコメントを掲載いたしました。 >>コメント
・ぜひLibrary of the Yearについてご感想・ご意見をお寄せ願います。

Library of the Year 2012 会場風景 Library of the Year 2012 ディスカッション風景 Library of the Year 2012 受賞者集合写真

Library of the Year 2012の概要

Library of theYear 2012は、第14回 図書館総合展の図書館総合展運営員会主催、NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)が企画・運営するフォーラムとして開催いたしました。
2012年11月20日(火)午後1時00分〜2時30分、パシフィコ横浜(横浜市みなとみらい)にて、今回決定した優秀賞4機関を対象として、最終選考を公開いたしました。最終選考では、各機関についてIRIメンバーがプレゼンテーションを行い、ディスカッションを経て、審査員7名(選考会一般参加者票1を含む)による投票によって大賞を決定しました。合わせて、大賞及び優秀賞、特別賞の表彰式を行いました。
この最終選考会は、パシフィコ横浜で開催される第14回図書館総合展(11月20日〜22日)の一環として行なわれました。

Library of the Year 2012 プレスリリース(2012/09/28) (PDF:83KB)

Library of the Year 2012 優秀賞・最終選考対象

2012年は、IRIメンバーおよび外部推薦で寄せられた23施設・団体・サービスの中から、下記の4機関が優秀賞に選ばれ、大賞の最終選考対象となりました。

CiNii

大学に限らず極めて広範に利用されるサービスとして、日本における学術コンテンツ発信の先進事例となっている点が評価されました。2011年11月にリニューアルされ、CiNii ArticlesとCiNii Booksの2本立て構成になったことを機会とし、今年の候補となりました。
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
国立情報学研究所 CiNii担当
(CiNii Articles) http://ci.nii.ac.jp/

saveMLAK

東日本大震災における、博物館・美術館(M)、図書館(L)、文書館(A)、公民館(K)についての被災・救援情報を収集・提供する活動、支援者と受援者をつなぐ中間支援活動です。多数の有志の参加により幅広い活動として行われたことが、今後の災害支援の在り方のモデルになるとして評価されました。
http://savemlak.jp/

ビブリオバトル

発表者による好きな本のプレゼンやディスカッションを行うイベントです。「人を通じて本を知る/本を通じて人を知る」というコンセプトを掲げた知的書評合戦として、全国大会が行われるほどの盛り上がりを見せています。継続的に行われていること、各地で開催されていることなども評価されました。
http://www.bibliobattle.jp/
(普及委員会) info@bibliobattle.jp

三重県立図書館

県立図書館のあるべき姿をめざす「明日の県立図書館」をオープンな手法で策定し、進めていること、旬の企画を率先してプロデュースし、県内各地の公共図書館と共催する形で活動を展開していることなど、県立図書館が県内の図書館活動を積極的に推進している点が評価されました。
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
http://www.library.pref.mie.lg.jp/

大賞受賞者・審査委員長のコメント

大賞受賞のコメント

ビブリオバトル普及委員会代表・立命館大学情報理工学部 谷口忠大先生

Library of the Year 2012大賞受賞に際して

この度はLibrary of the Year 2012 大賞の栄誉に与りましたこと,本当にありがとうございました.この場を借りて関係各位に厚く御礼申し上げます.

 誕生に遡れば,ビブリオバトルは図書館とは直接の関係は無い場所で生まれた「本の紹介ゲーム」でした.いつぞやから「人を通して本を知る,本を通して人を知る」というキャッチコピーと共に全国各地にその活動が広がって行くようになりました.初めは大学や書店などでの開催が多かったのですが,公共図書館でも2011年頃から開催事例が増えてきておりました.そんな中,ビブリオバトルが図書館に関するこのような大きな賞をいただけたことは,僕達,ビブリオバトルの普及に携わってきた者にとっては驚きであると同時に,この上の無い喜びでもあります.本当にありがとうございます. … 続きを見る

審査委員長のコメント

審査委員長 大串夏身

 今年は、4つの最終選考にのこった図書館、団体、機関、それぞれに図書館のこれからを考える上で示唆に富むもので、領域が重なるものがなかったために非常に難しい選考となりました。 … 続きを見る

Library of the Year (LoY) とは

「Library of the Year」は、IRIが図書館など全国の知的情報資源に関わる機関を対象として授与する賞で、2006 年に始まりました。
選考基準は、以下のとおりです。全国の公共図書館を総合的に評価して、ベス トの図書館を決めるものではありません

1. 今後の公共図書館のあり方を示唆する先進的な活動を行なっている。
2. 公立図書館に限らず、公開された図書館的活動をしている機関、団体、活動を対象とする。
3. 最近の1〜3 年間程度の活動を評価対象期間とする。

お問い合わせ先

  • IRI事務局 info【 A 】iri-net.org (【 A 】を@に読み替えてください)

ページトップへ

IRI 知的資源イニシアティブ

Copyright (C) Intellectual Resource Initiative All Rights Reserved.