HomeLibrary of the YearLibrary of the Year 2008

Library of the Year 2008

Library of the Year 2008(記念シンポジウム/最終選考会)は終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

大賞・会場賞ともに千代田区立千代田図書館が受賞しました。(審査・投票結果
よろしければご意見・ご感想をお寄せ願います

2008年11月26日(水)13:00〜17:00 パシフィコ横浜(横浜市みなとみらい)第10会場にて
司会 : 伊藤 隆彦, 河合 郁子(NPO 知的資源イニシアティブ)
Library of the Year 2008 パンフレット

第1部 記念シンポジウム「図書館と街とランガナタン」

11月26日 13:00〜15:00

(敬称略)
ファシリテーター
高山正也(IRI代表理事/国立公文書館理事)

「図書館から始まるまちづくり」
赤池学((株)ユニバーサルデザイン総合研究所所長)

「漂流する公共図書館、作りっぱなしでいいのか」
片山善博(慶應義塾大学教授)

「ランガナタンの故郷で考えたこと」
山田真美(作家 / 日印芸術研究所言語センター長)

第2部 最終選考会

11月26日 15:30〜17:00

第1部に引き続き、第2部としてLibrary of the Year 2008 最終選考会を行います。
また、優秀賞4者を対象として、総合展全体の入場者の一般投票による会場賞も別途授与されます。

審査員:
岡本 真 氏(ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)
中谷 正人 氏(建築ジャーナリスト)
小林 麻実 氏(六本木アカデミーヒルズライブラリー
佐々木 秀幸 氏(東京都歴史文化財団
高山 正也 氏(国立公文書館

2008年は、第一次選考に残った13施設・団体・サービスの中から、以下の4機関・サービスが優秀賞に選ばれ、最終選考対象になりました。
※ 今回は図書館ではない、書店・プロジェクトが選ばれたことが特徴です。

Library of the Year 2008 のプレスリリース(PDF:114KB)

最終選考対象機関・サービス

施設・団体名 プレゼンター 選考理由 所在地・連絡先等 紹介パネル(PDF)
恵庭市立図書館 大串夏身
(昭和女子大学教授)
2002 年から始めたブックスタート事業による、「子どもが幸福になれる」街づくりを、図書館が中心となって、各世代が関わる全市民的な読書振興活動として進めている点が評価されました。 北海道恵庭市恵み野西5丁目10-2
電話:0123-37-2181
紹介パネル(690KB)
旅する絵本カーニバル 村井良子
(プランニング・ラボ代表)
広域的な巡回図書館活動と美術館等各種機関との連携を通じた幅広い活動によって、子どもや地域を育む「種」となる図書館のあり方を示している点が評価されました。 福岡市東区箱崎6-10-1 九州大学箱崎キャンパス工学部内
電話:092-642-2111
紹介パネル(713KB)
ジュンク堂書店 池袋本店 柳与志夫
(国立国会図書館 電子資料課長)
調べものに利用できる十分な「蔵書」があり、本に詳しい、レファレンスサービスのできる社員を擁して、講演、展示、「想」検索参加などの企画を展開している点が評価されました。 東京都豊島区南池袋2 丁目15-5 藤久ビル東六号館
電話:03-5956-6111
紹介パネル(538KB)
千代田区立千代田図書館 竹内比呂也
(千葉大学教授)
指定管理者制度を採用して、夜10 時までの開館やコンシェルジュなど都心型公共図書館の新しい姿を提案している点、地元出版界・古書店・ミュージアム等とも連携した幅広い活動を展開している点が評価されました。 東京都千代田区九段南1-2-1 千代田区役所9・10F
電話:03-5211-4289
紹介パネル(680KB)

取材をご希望の方は事前に下記問い合わせ先までお知らせください。

Library of the Year 2008 1次選考通過機関・サービス

恵庭市立図書館 長崎市立図書館 講談社 全国訪問おはなし隊 ジュンク堂書店 池袋本店
Hot.Docs 菊陽町図書館 アジア歴史資料センター 千代田区立千代田図書館
国立国会図書館 テーマ別調べ方案内 我孫子市民図書館 斐川町立図書館 国際基督教大学図書館
旅する絵本カーニバル

Library of the Year 2008にノミネートされた50の機関の中から、1次選考で上記13機関が選ばれ、その中から優秀賞4機関が選ばれました。(順不同)

Library of the Year 2008 審査・投票結果

施設・団体名 最終選考会 総合展会場投票
審査員票 会場投票 最終得票
恵庭市立図書館 1 0 (9) 1 305
旅する絵本カーニバル 1 1 (23) 2 595
ジュンク堂書店 池袋本店 0 0 (17) 0 545
千代田区立千代田図書館 3 1 (22) 4 613

最終選考会では審査員が各1票、会場票は2票として投票上位2機関に1票ずつ(1位と2位の得票数に2倍以上の開きがあった場合は1位に2票)とさせて頂きました。「会場投票」の()内が獲得票数です。
また「総合展会場投票」は、図書館総合展の会場アンケートでの投票を集計したものです。

Library of the Year (LoY) とは

「Library of the Year」は、IRI で図書館コンサルティングを担当するグループ(座長:昭和女子大学教授 大串 夏身)が中心となり、図書館など全国の知的情報資源に関わる機関を対象として授与する賞で、2006 年に始まりました。
選考基準は、以下のとおりです。全国の公共図書館を総合的に評価して、ベス トの図書館を決めるものではありません

1. 今後の公共図書館のあり方を示唆する先進的な活動を行なっている。
2. 公立図書館に限らず、公開された図書館的活動をしている機関、団体、活動を対象とする。
3. 最近の1〜3 年間程度の活動を評価対象期間とする。

お問い合わせ先

  • IRI事務局 info【 A 】iri-net.org (【 A 】を@に読み替えてください)
  • 田村俊作(IRI選考グループ座長代理、慶應義塾大学教授)03-5427-1222
ページトップへ

IRI 知的資源イニシアティブ

Copyright (C) Intellectual Resource Initiative All Rights Reserved.